岩を切り出した洞窟、オテル・ド・パリ モンテカルロのワインセラーに伝わる逸話をどうぞ。

 

Anecdotes insolites des caves de l’Hôtel de Paris Monte-Carlo

ワインセラーは、建設当時、オテル・エルミタージュ(Hôtel Hermitage)の地下にありました。

 

ワインセラーが1874年に建設された時、当時セラーは、オテル・エルミタージュ モンテカルロ(Hôtel Hermitage Monte-Carloの地下にありました。

 

その後、マリー・ブランは、現在のオテル・ド・パリ モンテカルロにまで達するほどセラーの面積を大幅に拡大するため、100名余りの工員に依頼をし大規模な拡張工事をすることを決めました。

 

戦時中、ボトルは隠されていました。

 

この部屋にある現在のボトルは、第二次世界大戦の間も守られてきたものです。占領軍が到着する前に、当時のセラーのチーフがセラーの廊下に壁を作り、セラーには空のボトルのみがあるように見せかけ、この場所を守ったのです。

 

この巧妙な仕組みは当時誰にも気付かれませんでした。聖地となったこの場所では、セラーでも一番古いボトルである1800年代のものが現在でも見ることができます。

 

王室一家のお祝い

 

1976年4月には、セラーのテーブルを囲んで、モナコ王子レーニエIII世グレース公妃が親しい方をお招きになり、結婚20周年のお祝いが開催されました。